玉露
島根茶三代一玉露TOP
お茶の特徴

 日光をさえぎる覆いをする事により、うまみの成分であるアミノ酸が蓄えられます。
丸い形と甘露のような味から「玉露」と呼ばれます。宇治、岡部・八女などで作られます。


玉露の淹(い)れ方

急須にお湯を注いで冷まします。(2杯分)急須はごく小ぶりのものを使用して下さい。
急須のお湯を茶碗に注ぎます。各茶碗に30cc程入れ、残ったお湯は捨てます。
急須にお茶の葉を入れます。2人分で8g(大さじ山盛り1杯分)
茶碗のお湯を注いでお茶が浸出するのを待ちます。湯温・浸出時間は50〜60℃・2分半が目安です。
お茶を茶碗に注ぎます。分量は均一に、濃淡のないように「廻し注ぎ」します。各茶碗に少しづつ注ぎ分けて、最後の一滴まで注ぎきることがポイントです。
島根茶三代一玉露サイド画像