株式会社 茶三代一

 〒693-0043
 島根県出雲市長浜町729−6
 出雲長浜中核工業団地内
 TEL0120-97-9233
 FAX0120-88-1178

茶三代一出雲とお茶文化TOP
茶三代一松平不昧公ゆかりの地
茶三代一松江城 お茶処出雲は第七代藩主・松平不昧(ふまい)公ゆかりの地であり、不昧流として藩主自ら茶道を奨励しました。

出雲地方はその流れを受け、生活の中に喫茶習慣が強く根付いています。また出雲地方には「ボテボテ茶」という独特の風習が残っています。

番茶と茶の花を煮出して茶碗に注ぎ、専用の穂先の長い茶筅の先に塩をつけ、左右に振って泡を立てて、その中に、ご飯や漬物などの具を入れて飲みます。(食べます)泡立てるときにボテボテと音がすることからこの名前が付いたといわれています。
茶三代一日本茶インストラクターバー
日本茶インストラクター

日本茶インストラクター
日本茶インストラクター認定制度とは、日本茶文化の発展と日本茶の正しい理解と普及を図るため、茶についての幅広い知識、技術、教養を備えた方々を認定し、その活動の円滑化と支援を図ることを目的に発足されました。

消費者のみなさまへ日本茶の良さを広く知っていただくため、さまざまなイベントなどを通じ、日本茶の普及に努めるとともに、お茶についてより一層学んでまいります。